青汁は主成分の効能から選ぶ

pl-2014224488461

青汁にも主成分に使われている材料は様々あります。

原料別に効能が違うので、目的に合った青汁選びが効果を実感する近道です。

青汁と言えばケールや大麦若葉、明日葉などが有名ですね。種類によってビタミンやβカロテンが豊富など栄養素が違います。

ゲールは栄養価が高いことで知られ、野菜の王様と言われるほどです。味は苦味が強いのでサプリメントが飲みやすい食材です。

抗酸化作用の強いビタミンが豊富でエイジングケアに適していて老化とともに内臓や血管年齢が気になる方にもオススメです。

不眠や眠りの浅い悩みを解決するメラトニンという成分も豊富で快眠効果もあります。

カルシウムも豊富で牛乳の2倍近く、吸収率も優れています。

骨のもろさが心配な高齢者や精神的にもイライラや不安解消の効果が期待できます。

大麦若葉は苦味が少なく飲みやすさで人気があります。

サッパリした味でおいしく続けられます。免疫機能の向上や冷え性、美容、疲労回復、貧血、便秘など幅広い効能があります。

特に抗酸化作用があるSOD酵素が含まれ、美容効果が高い素材です。

美肌や美白効果を求めるなら是非摂りたいですね。

抗酸化作用は体のサビを抑えて、若い体の維持に役立ちます。

現代の生活はリズムの乱れやストレス、タバコ、紫外線などの影響で活性酸素が過剰に体内で増えて自分自信の細胞まで傷つき、老化が進んでしまいます。

抗酸化作用のある野菜を摂ることで活性酸素を除去する働きがあるので、青汁で毎日手軽に補給することで効果を実感できます。

明日葉は昔から不老長寿の妙薬と言われ、日本の暖かい地方で育つ植物です。

若葉を摘んでも明日には伸びているといういわれから明日葉と呼ばれています。

生命力が強く、中国では高麗人参の代わりにも使われます。

苦味が少なくて美味しいことから、天ぷらなどに調理して食材としても食べられています。

明日葉はカルコンという特別な成分を含んでいます。

体の老廃物を排除する働きがあり、むくみ解消やデトックス効果が期待できて食物繊維も豊富なので、ダイエットや快便目的なら積極的に摂ると良いです。

動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果があります。

ビタミンやカルシウム、カリウム、鉄などのミネラルも含まれています。

主成分になる素材の効能から選ぶと良いですね。

他に選ぶポイントとして、青汁は味や飲みやすさも大切です。

毎日の習慣にして長く続けてこそ意味があります。

ドリンクタイプは苦手な方も多いので、錠剤タイプが手軽です。