青汁の美肌効果について

a0002_004095

青汁とは、ケールなどの緑葉野菜を絞った汁のことをいいます。

健康食品として飲まれます。粉末状で販売されていることが多く、当初は不味いことで罰ゲーム用品として使われることもありましたが、現在では品質改良や多様化が進んでおり大麦若葉やヨモギなどを使用して味を改善した商品なども増えてきています。

青汁の期待できる効果としては、野菜不足を補うことができ、食物繊維が豊富なため食事前に飲むことによって、食事に含まれる脂質や糖質の吸収を抑えることができ体に脂肪をつきにくくし、ミネラルやビタミンなどの不足しがちな栄養を摂取することができるため、ダイエットで不足してしまう栄養を補うことができます。

食物繊維はそのほかにも、便の量を増やして保水性とゲル成形力によって硬い便を柔らかくする効果などの効果もあります。

そのほか、粘膜や髪、肌を健康にするビタミンA、コラーゲン合成を促し病気を予防するビタミンC、血管を健康に保って肌荒れの予防や改善、がん予防に抗酸化作用をするビタミンE、赤血球や細胞の新生に必要な葉酸、赤血球のヘモグロビンの成分となる鉄分などを多く含んでいるため健康だけではなく、美肌などの美容にも効果を期待することができます。美肌を維持したり作るのに必要な新陳代謝を促進させる働きもあり、古い角質とシミなどの原因となるメラニン色素などを一緒に排出する効果もあるため、紫外線でダメージを受けた肌の修復やしみ・そばかすの改善にも効果的となります。

このような美容や健康効果を得るためには、毎日継続して飲むことが重要になります。

しかし、毎日同じ味では飽きてしまうという場合にはさまざまな工夫で取り入れることができます。

ヨーグルトに混ぜたり、フルーツジュースと割って飲む、牛乳や豆乳で溶かして飲むことで美味しく飲むことができるほか、料理やお菓子に混ぜて使うのも人気となっています。

青汁と片栗粉、塩と砂糖を火にかけて粘り気が出るまでにいれ、タッパーなどで冷やして食べやすいように切れば抹茶風の羊羹として食べられたり、ホットケーキやクッキーなどに混ぜ込んだり、ひき肉に混ぜてハンバーグを作ったり、レンジなどで柔らかくした野菜にご飯、青汁、牛乳などを混ぜてレンジで温めれば簡単なリゾットとして楽しめるなど色々なアレンジで楽しむことができます。

青汁には、カリウムやリン、ビタミンAなどの栄養が多く含まれています。

そのため人工透析を行っている人の健康状態を悪化させてしまう可能性があるため、何かの疾患がある場合には医師に相談してから飲むことが大切です。