青汁の効果の比較について

aojiru12

青汁、という言葉を聞いた事がある人は多いですが、
具体的に青汁の効果について話す事が出来る人は
意外と少ないと言われています。

青汁は1980年代頃から徐々に日本国内でも
知名度が上昇してきた健康飲料の一つです。

90年代前半に入ってテレビのコマーシャルで
有名な悪役の俳優さんが話す特徴的なセリフが話題となり、
青汁ブームが始まったとされています。

それ以来、青汁は日本人の健康に欠かせない
健康飲料
の一つとして浸透してきました。

青汁も以前の様なケールやモロヘイヤなどの
原始野菜を搾った生絞りタイプの物以外にも、
大麦若葉を使用した粉末状の青汁などの製品も登場して人気を博しました。

消費者が選ぶ事が出来る
青汁の選択肢の幅が広がりました。

青汁は以前はキューサイの青汁に代表される
ケールやモロヘイヤといった古代からある
原始野菜を生絞りしたタイプが一般的でした。

キューサイの青汁は今でも多くのファンが居る青汁で、
独特のケールの風味は飲み続けると
クセになる味わいがあるとされています。

一方でキューサイの青汁などの生絞りタイプの青汁とは
対照的に大麦若葉を始めとした植物を粉末状にして飲みやすくしたのが
サントリーの極の青汁ややずやの養生青汁です。

こちらは、通常のケールなどの原始野菜独特の味わいが
苦手な人に人気となっており、粉末状という事で
携帯しやすく持ち運びが便利な点も特徴として挙げる事が出来ます。

自分に合った青汁を検討比較して、
青汁を購入される事をおすすめします。