青汁に使用されている原材料の持つ効能効果を比較して選ぶ

aojiru10

青汁は食物繊維たっぷり、美容や健康が
気になる方にピッタリ
なのが魅力です。

最近では健康ブームもあって、
どの青汁を選んだら良いのか迷うくらい増えました。

青汁によって使用している原材料
違いがありますので、よく比較して選ばれると良いです。

青汁によく使用される原材料が、ケールです。

ケールはアブラナ科の野菜でビタミンやミネラル、
食物繊維、葉酸、タンパク質などなど
豊富な栄養素が含まれています。

栄養価がとても高いので野菜の王様とも呼ばれています。

温暖な気候なら一年中栽培できる点も
青汁の原材料によく選ばれている理由の一つです。

その他にも大麦若葉が
よく青汁の原材料に使われています。

大麦若葉は大麦を
早めの成長段階のうちに収穫したものです。

ビタミンやミネラル、鉄、亜鉛、カルシウムなど
様々な栄養素が含まれています。

抗酸化作用に優れているSOD酵素と呼ばれる成分も
含まれており、お肌の老化防止効果まで期待されています。

八丈島でよく見られる明日葉も
青汁の原材料によく使われています。

明日葉は生命力が非常に強く、芽を摘んだ翌日には
新しい芽が出るために、あしたばと名付けられたほどです。

抗酸化作用に優れたポリフェノールの一種が豊富に含まれており、
エイジングケアされています。

ケールや明日葉は独特な味がして人によっては
飲みにくいことがありますが、大麦若葉は飲みやすいです。

色々な原材料をブレンドして
飲みやすくした青汁もあります。