青汁でも代表的なケールと大麦若葉の違いと効果の比較

aojiru07

身体に良いことで愛飲されているかたも
多い青汁ですが、青汁というのは薬ではなく野菜です。

使われている野菜によって、
青汁は味や摂取できる栄養が異なります。

青汁の中でも代表的なのが、
大麦若葉の青汁とケールで作られた青汁です。

この二種類を比較した場合ですと、
最大の違いはまずその味にあります。

青汁を飲み続けたいけれど、どうしても味が苦手だという
かた向けなのが、大麦若葉でできた青汁です。

初めは青汁といえばケールでしたが、
飲み難さがネックでした。

そのケールに代わって、栄養価を損なわずに
青汁の原料になる野菜をということで、
使用され始めたのが大麦若葉なのです。

野菜独特の青臭さが全くないわけではありませんが、
こんなに飲みやすいのかと驚くほど飲みやすい
口当たりで人気になっています。

ただし、栄養面を比較した場合ですと、
やはりケールに軍配が上がります。

ビタミンCや食物繊維などは、
圧倒的に栄養価の数値が高いのです。

といっても、他の緑黄色野菜と比較すれば
充分すぎるほどに大麦若葉の栄養価は優れています。

より栄養価の高いものをと思うのであればケールを、
飲みやすさが一番と思うかたは、大麦若葉を選ぶのがいいでしょう。

無理なく飲み続けられる
青汁を選ぶことが大切です。

青汁は日頃の野菜不足解消にはもちろん、
ツヤやエイジングケアが期待できます。

また含まれている食物繊維のおかげで、
便秘解消にも効果的です。

飲み続けられそうな青汁を見つけて、
積極的に摂取しましょう。