青汁ランキング

青汁ランキングと青汁の効果や効能や性能など、
様々な視点から比較し徹底検証してみました。

青汁には様々な栄養素や効能があるので、
毎日の習慣にしたいところですね。

おすすめの青汁ランキングはコチラ

青汁売れ筋ランキング

1位 藍の青汁

藍の青汁

「藍」と聞くと染料の「藍染」を思い浮かべると思いますが、
その藍をつかった青汁です。
この「藍の青汁」の一番効果が高い部分は【お通じ】。
大麦若葉をベースにオリゴ糖、そして藍が含まれており、
野菜不足・お通じ改善にはもってこいの商品です。
さらに、本当に【美味しい】です。
新しいスゴい青汁、でました。
また、藍には【中性脂肪・コレステロール】への効果が……
既に論文も発表され、これから注目の商品です。

>>>藍の青汁


 

2位 極の青汁

極の青汁

熊本県阿蘇など国産の食物繊維が豊富な大麦若葉、
また屋久島など国産のビタミン・ミネラルが豊富な明日葉を使用。
さらに宇治煎茶と抹茶を使い、さらりと軽い飲み口に仕上げております。
原材料の品質管理も徹底しており、
開発担当者や品質担当者が直接生産地へ向かい、
品質確認を行っております。

>>>サントリー極の青汁


 

3位 すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁

「すっきりフルーツ青汁」は80種類を超える酵素と青汁を配合し、
生きた乳酸菌配合でお腹の中もスッキリ!ダイエッターにも嬉しい商品になっています。

また、美容成分の「コラーゲン」、「プラセンタ」、「セラミド」配合で
ダイエット中のお肌のケアにも役立ちます。

肝心の青汁の味はフルーツ果汁配合で大変飲みやすく女性だけではなく、
お年寄りから子供まで幅広く飲んで頂ける商品となっています。

野菜嫌いのお子様でも飲みやすく毎日の不足ガチな野菜の栄養補給にはもってこいの青汁です。

>>>すっきりフルーツ青汁


 

4位 ふるさと青汁

ふるさと青汁

マイケアが提供する、テレビ、ラジオ、誌面広告ではかなり認知度あるふるさと青汁です。
製法にこだわった本格青汁です。
野菜不足が気になる方、外食が多い方、野菜嫌いのお子様、美容や健康に気を使いたい女性に。
是非毎日の健康と美容のために、「ふるさと青汁」を習慣づけてください!

>>>ふるさと青汁


 

5位 めっちゃたっぷり フルーツ青汁

めっちゃたっぷり フルーツ青汁

【めっちゃたっぷりフルーツ青汁】は
フルーツジュースの味で飲みやすい★
121種類もの野草や野菜、
フルーツ、海藻の酵素が入っているので栄養たっぷり!!
尚且つ、ビタミン・ミネラルが燃えやすいカラダを作ります!!
また、乳酸菌も入っており、
体内に溜まってしまっている老廃物を外に押し出す効果が★

>>>これはフルーツジュース?!栄養たっぷり美味しい青汁


 

ビタミン豊富な青汁の効果

青汁に含まれているビタミンは、原材料、製法、形状などによって異なります。

ビタミンは人間の体に不可欠な栄養素で、不足すると代謝が悪くなったり、
肌が荒れる原因になります。

青汁に含まれているのは、ビタミンA(レチノール)、D(カルシフェロール)、
E(トコフェロール)、K(フィロキノン・メナキノン)、B群、など様々です。

よく、貧血には鉄分をとることが重要と言われますが、ビタミン類が不足していても、
貧血になります。

つまり、鉄分だけ摂取しても貧血対策は出来ないということです。

特に生命維持に欠かせないのは、ビタミンB群です。

不足すると元気がなくなったり、自律神経の働きに悪影響が出てくることもあります。

集中力が欠如したり、だるさを感じやすくなることもあります。

日本人の多くが不足している栄養素と言われているので、
不足を感じているならば青汁を飲んでしっかり補充しておくと良いでしょう。

ただし、大量に飲んでも、吸収しきれない分はそのまま排泄されます。

なので、一度に大量にとるのではなく、少しずつでも続けて飲む習慣
つけることが大切です。

B群が生命維持に欠かせない理由は、体内で補酵素として働くからです。

人間は、タンパク質などからエネルギーを作り出す時に、
必ず酵素の働きを必要とします。その際にB群の補酵素が働かないと、
酵素が活性化されずにエネルギーを作りにくくなってしまうのです。

そのため、疲れやすくなったり、だるくなったりします。

青汁には様々な種類があり、多く含まれる栄養素も原材料の野菜に
よって異なります。

選ぶ時には、自分がどういう栄養素を摂取したいから飲むのかという
動機を確認しておきましょう。

そうすることで、不足しがちな栄養素をピンポイントでとりやすくなります。

ほとんどの人は、健康に良さそうだからという漠然とした理由で
青汁を選んでしまうようです。

それでも良いですが、明確な目的を持って飲んだほうが、
健康・美容効果は高くなります。

どれが良いかわからないからとりあえず飲んでみるという時には、
全体的なバランスがとれたものを選ぶと良いでしょう。

栄養項目のグラフが記載されているのならば、
それを参考にすればどんな栄養素が入っているのかがわかりやすいです。

代表的な野菜はケール、飲みやすいのは大麦若葉、などを覚えておくと、
味選びにも失敗しづらいです。

色々比較して選んでみるのも楽しいでしょう。

家族で飲めるものを選ぶのも良いです。

青汁に含まれる栄養素の鉄分

女性は毎月生理が来ることで、大量の血液が不足します。

また、妊娠や出産によっても同様に血液が不足しがちになります。

そのため女性は男性に比べて3割も貧血気味であるといわれています。

鉄分が不足すると貧血やめまい、肩こりや冷え性、疲れやすさ、
あるいは流産などさまざまな弊害を引き起こします。

食事からとろうとするとレバーやホウレンソウやイワシなどが
よい食品ですが、食事だけでは十分な鉄分を補給できません。

一方、ケールやホウレンソウが入っている青汁には鉄分が
豊富に含まれています。

そのためわずか一杯でホウレンソウ4束から5束分は取れることになります。

市販の青汁の多くは鉄分が体内に吸収しやすい状態で添加されている
ものが多いので、積極的に飲むことで免疫力をアップしたり集中力を
高めたりと多くの効能が期待できます。

鉄分はもともと体内に摂取しにくいという特徴があるので、
より大目に飲むほうが効果的と言えます。

過剰摂取を気にする人もいますが、たとえ、過剰に飲んでも、
尿として体外に排出されるので心配は不要です。

また熱を加えると壊れてしまうという特徴がありますが、
青汁ならその心配はいらないので効果的に摂取できます。

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。

植物に含まれているのは吸収の悪い非ヘム鉄ですが、
ビタミンCと一緒に取ると効果的です。

鉄のほかにも青汁には総合的な栄養素が豊富に含まれています。

特にビタミン類は類を見ないほど豊富です。

また食物繊維、葉酸、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、
カリウム、カロチンなどまだまだたくさん含まれています。

鉄が足りなければ鉄のサプリを飲むという方法もありますが、
青汁ならすべての栄養素がまんべんなく取れるので栄養を
効率よく摂取できる一番いい方法と言えます。

また野菜ジュースのように甘くて飲みやすいというわけにはいきませんが、
野菜ジュースより、はるかに栄養が高くなっています。

葉も茎も全部丸ごと利用するので、栄養価が全く違ってきます。

使われている原料を見ても、ホウレンソウやケールのほか
大麦若葉や明日葉など種類が豊富です。

またジュースのように糖分がないので糖分を気にする人に
とっても最適な健康食品です。

いろいろなサプリメントが発売されていますが、サプリメントは
人間の手のくわえられた人工的なものです。

自然のまま、まるごと閉じ込めてあるグリーンジュースは
自然由来のものなので安心して使うことができます。

青汁を飲んで肌荒れを防ごう

青汁はケールや大麦若葉などを粉末化させた健康食品です。

昔は液体が主流でしたが、飲みにくさから粉末に移行していったのです。

抹茶風味で飲みやすく、牛乳やヨーグルトに溶かして飲んでもクセがありません。

美肌のためには1日350gの野菜を食べるべきですが
これをクリアするのは簡単ではありません。

週1程度なら楽でしょうが、毎日コンスタントに350g以上食べる必要があるのです。

昔はこれほどの量の野菜を食べる必要はありませんでしたが、
今は食品の栄養価が激減しているため、
より多くの量を食べないと栄養を確保できないのです。

青汁が人気の理由は、手軽に野菜を摂れることにあります。

特に青野菜が嫌いな方におすすめであり、
5gで生野菜50g程度に匹敵すると言われています。

野菜不足が慢性化すると肌荒れを引き起こすので、
肌状態が好ましくない方は飲んでみましょう。

肌荒れが生じる前兆としては、肌バランスの乱れがあります。

以前よりも乾燥しやすい、敏感肌になった、
などの自覚症状がある方は注意しましょう。

肌状態を整えるためには洗顔とスキンケアが効果的ですが、
これだけでは美肌を維持できません。

肌を構成する栄養素が不足すると、
どんな高価なスキンケアグッズを使用してもあまり効果は出ません。

美肌、肌荒れの大半は体内に原因があって発生するのです。

青汁を飲んで最初に自覚できるのは、目覚めのよさ、
朝のスッキリ感などです。

崩れていた体内リズムが正常になると、
慢性化していた肌トラブルが解消していきます。

スキンケアを徹底しても肌が変化しないときは、
体内に原因があると考えたほうがいいでしょう。

青汁のメリットは副作用が一切ないので、
毎日の食事の一部として摂り続けられることです。

目安量は1日あたり粉末で3~10gくらいであり、
野菜をあまり食べない方ほど増やす必要があります。

日本人は慢性的な野菜不足となっており、
1日あたり70g程度不足していると言われています。

これを補うためには7gの粉末青汁が必要なので、
1日あたり2~3スティックを目安に飲んでください。

毎日飲み続けることで、肌の弾力性が増してくるのがわかります。

肌の保水力が高まると、バリア機能も高くなるのです。

美肌のためには美肌成分を補給することも大切ですが、
紫外線のダメージを軽減させるケアも大切です。

肌に刺激となる紫外線を防いだ上で、美肌成分を補給する必要があります。

肌荒れに悩んでいる方は、栄養バランスの見直しから始めてみましょう。